The English version of quarkus.io is the official project site. Translated sites are community supported on a best-effort basis.

Guides - Latest

チュートリアル

短く、フォーカスされた入門エクササイズ

2つ目のQuarkusアプリケーション

Quarkusでの開発を楽しくする機能のいくつかをご覧ください。

Auth0 OpenID Connectプロバイダーを使用したQuarkus Webアプリケーションの保護

Quarkus Securityは、quarkus-oidcエクステンションによって、包括的なOpenId Connect(OIDC)とOAuth2のサポートを提供し、認可コードフローとベアラートークン認証メカニズムの両方をサポートします。

Basic認証とJakarta Persistenceを使ったセキュリティ入門

組込のQuarkus Basic認証とJakarta Persistence IDプロバイダーによってQuarkusアプリケーションのエンドポイントを保護し、ロールベースのアクセス制御を可能にするQuarkus Security入門

OpenID Connectクライアントとトークン伝搬クイックスタート

OpenID Connect (OIDC) と OAuth2 クライアントにフィルタを使用して、アプリケーションでアクセストークンを取得、更新、伝播する方法を学びます。

OpenID Connect(OIDC)ベアラートークン認証によるサービスアプリケーションの保護

Quarkus OpenID Connect(OIDC)エクステンションを使用して、Bearerトークン認証でJakarta RESTアプリケーションを保護します。

OpenTracingからOpenTelemetry tracingへの移行

Quarkus 3.xでアプリケーションをOpenTracingからOpenTelemetry tracingに移行

Quarkus - 認可コードフローのOpenID Connectを使用してWebアプリケーションを保護

Quarkus OIDCエクステンションでQuarkus OpenID Connect(OIDC)の認可コードフローメカニズムを使用して、アプリケーションのHTTPエンドポイントを保護し、堅牢な認証と認可を実現する方法をご覧ください。

WebSockets-Next入門

このガイドでは、QuarkusアプリケーションがWeb Socketを利用してインタラクティブなウェブアプリケーションを作成する方法を説明します。

お好みのIDEのQuarkus Tools

IDEのQuarkus統合についてはこちらをご覧ください。

チュートリアルの作成

架空のエクステンションからのアノテーションを使用する Quarkus アプリケーションの作成、実行、およびテストをユーザーに説明する新しいチュートリアルを作成します。

ツールの使用

Quarkusの開発を非常に高速で楽しいものにするQuarkus開発者ツールチェーンをご紹介します。

ネイティブ実行可能ファイルの生成

GraalVMやMandrelを使ってネイティブの実行可能ファイルをビルドします。

マイクロメータを用いたメトリクスの収集

Micrometer メトリクスライブラリーを使用して、ランタイム、エクステンション、アプリケーションのメトリクスを収集し、Prometheus (OpenMetrics) エンドポイントとして公開するアプリケーションを作成します。

リアクティブ入門

Quarkusを使用したリアクティブアプリケーションの開発については、こちらをご覧ください。

初めてのアプリケーションの作成

初めてのQuarkusアプリケーションを作成する方法をご紹介します。

ハウツーガイド

主要なタスク、実際の操作、一般的な問題をカバーするためのステップバイステップのガイド。

OpenID Connect (OIDC)とKeycloakを使用した認可の一元化

QuarkusアプリケーションでKeycloak認証サービスを使用してベアラートークン認証を有効にし、保護されたリソースに安全にアクセスする方法を説明します。

OpenID Connect (OIDC)のDev ServicesとDev UI

You can use Dev Services for Keycloak and the Dev UI for the OpenID Connect (OIDC) Keycloak provider and adapt these services for other OpenID Connect providers.

OpenID Connect (OIDC)のマルチテナンシーの使用

このガイドでは、OpenID Connect(OIDC)アプリケーションがマルチテナントをサポートし、単一のアプリケーションから複数のテナントにサービスを提供する方法を示します。

Quarkus SecurityとJakarta Persistence

ユーザのIDを保存するために、 Jakarta Persistence を使用するようにアプリケーションを構成できます。

Quarkusドキュメントの寄稿方法

QuarkusのWebサイトポータルでコンテンツが正常にレンダリングされるように、推奨されるコンテンツタイプ、ステップ、ワークフロー、スタイルガイダンスを使用して、ドキュメントに貢献します。

RESTアプリケーションで仮想スレッドを使用する

RESTアプリケーションで仮想スレッドを使用する方法

application.properties の代わりに application.yaml を使用してアプリケーションを設定することもできます。

" keywords="" categories="core" origin="" >

YAML設定

オプションとして、 application.properties の代わりに application.yaml を使用してアプリケーションを設定することもできます。

プロジェクトをQuarkusの最新バージョンに更新

プロジェクトをQuarkusの最新バージョンにアップグレードする方法を説明します。

ベーシック認証の有効化

Quarkusプロジェクトのベーシック認証を有効にし、ユーザーがユーザー名とパスワードで認証できるようにします。

コンセプト

Quarkusに関連するいくつかの大きな概念と技術についての説明。

Basic認証

HTTP Basic認証は、Webリソースへのアクセス制御を実施する手法の中で、最もリソースを必要としないものの一つです。

OpenID Connect (OIDC) ベアラートークン認証

Quarkus OpenID Connect(OIDC)エクステンションを使用することで、ベアラートークン認証を使って、アプリケーション内のJakarta REST(旧称JAX-RS)エンドポイントへのHTTPアクセスを保護できます。

Quarkus Security アーキテクチャー

Quarkus Security アーキテクチャは、いくつかの組込認証メカニズムを提供し、高度にカスタマイズ可能です。

Quarkus Securityの概要

Quarkus Securityは、セキュアでプロダクション品質のJavaアプリケーションを構築するためのアーキテクチャ、複数の認証および認可メカニズム、その他のツールを提供するフレームワークです。

Quarkusにおけるセキュリティ脆弱性の検出と報告

Quarkusのタグの多くは、米国のNational Vulnerability Database(NVD)にCPE(Common Platform Enumeration)の名称形式で登録されています。

Quarkusの認証メカニズム

Quarkus Securityフレームワークは、複数の認証メカニズムをサポートしており、これを使用してアプリケーションを保護することができます。

Quarkusドキュメントのコンテンツタイプ

Quarkusのドキュメントは、コンセプト、ハウツー、チュートリアル、リファレンスの4つのコンテンツタイプに分類されます。

Web アプリケーションを保護するための OpenID Connect 認可コードフローメカニズム

ウェブアプリケーションを保護するには、Quarkus OIDCエクステンションが提供する業界標準のOpenID Connect(OIDC)認可コードフローメカニズムを使用できます。

よく知られたOpenID Connect プロバイダーの設定

このドキュメントでは、よく知られているソーシャル OIDC および OAuth2 プロバイダの設定方法について説明します。

アイデンティティ・プロバイダー

Quarkus Securityフレームワークでは、IDプロバイダーがユーザーIDを検証することで、認証と認可において重要な役割を果たします。

クロスオリジンリソース共有

クロスオリジンリソース共有 (CORS) は、HTTPヘッダーベースのメカニズムで、ブラウザがリソースの読み込みを許可すべきオリジンを、サーバーが自分以外のオリジンに示すことを可能にします。

コンテキストの重複、コンテキストローカル、非同期処理と伝播

従来型の、ブロッキング、同期フレームワークを使う場合、各リクエストの処理は専用のスレッドで実行されます。

プロアクティブ認証

設定のカスタマイズや例外処理など、Quarkusでプロアクティブ認証を管理する方法について説明します。

リファレンス

ツール、コンポーネント、コマンドを網羅したテクニカルリソース。Quarkusの百科事典。

Quarkus Cheat Sheet

チートシート全文をPDFでダウンロード

Access Google Cloud services

このガイドでは、複数のGCPサービスの使用方法について説明します。

Amazon DynamoDB

このガイドでは、QuarkusでAmazon DynamoDBデータベースを使用する方法を説明します。

Amazon IAM

このガイドでは、QuarkusでのAmazon Identity and Access Managementの使用方法について説明します。

Amazon KMS

このガイドでは、QuarkusでのAmazon Key Management Serviceの使用方法について説明します。

Amazon S3

このガイドでは、QuarkusでのAmazon S3クラウドストレージの使い方を紹介しています。

Amazon SES

このガイドでは、QuarkusでAmazon Simple Mail Serviceの使用方法について説明します。

Amazon SNS

このガイドでは、QuarkusでAmazon Simple Notification Serviceの使用方法について説明します。

Amazon SQS

このガイドでは、QuarkusでAmazon Simple Queue Serviceの使用方法について説明します。

Amazon SSM

このガイドでは、QuarkusでのAWS Systems Managerの使用方法について説明します。

Apache Tika でのコンテンツの抽出

Apache Tika ツールキットを使ってドキュメントからコンテンツを抽出する方法についての詳細はこちらをご覧ください。

Consulから設定を消費する

このガイドでは、Quarkusアプリケーションが実行時にConsulから設定プロパティを読み取る方法について説明します。

Google Cloud BigQuery

このガイドでは、QuarkusでGCP BigQueryを使用する方法について説明します。

Google Cloud Bigtable

このガイドでは、QuarkusでGCP Bigtableを使用する方法について説明します。

Google Cloud Firestore

このガイドでは、QuarkusでGCP Firestoreを使用する方法について説明します。

Google Cloud PubSub

このガイドでは、QuarkusでGCP PubSubを使用する方法について説明します。

application.properties 経由で消費する方法を説明します。

" keywords="" categories="miscellaneous" origin="quarkiverse-hub" >

Google Cloud Secret Managerから設定を読み取る

このガイドでは、QuarkusでGCP Secret Managerを使用して、設定プロパティを直接または application.properties 経由で消費する方法を説明します。

Google Cloud Spanner

このガイドでは、QuarkusでGCP Spannerを使用する方法について説明します。

Google Cloud Storage

このガイドでは、QuarkusでGCP Storageを使用する方法について説明します。

HTTPリファレンス

QuarkusのVert.xベースのHTTPレイヤーの設定についての詳細と、サーブレットを使用している場合のUndertowについて説明します。

HashiCorp Vault’s PKI Secret Engineの使用

VaultのPKI Secret EngineでX.509証明書を生成します。

HashiCorp Vaultの認証との連携

このガイドでは、Quarkusがサポートする、Vaultへの認証を行うためのさまざまな方法について説明します。

HashiCorp Vaultをデータベースで使用

データベースの資格情報をVaultに保存して、機密を保持します。

Infinispan Cache

Use Infinispan as the Quarkus cache backend

Infinispanクライアントエクステンションリファレンスガイド

Infinispanは、インメモリ分散型データストアおよびキャッシュサーバーで、柔軟な導入オプションと、データの保存、管理、処理のための堅牢な機能を提供します。

JGit で Git リポジトリにアクセス

このガイドでは、JGitを使ってGitリポジトリにアクセスする方法を説明します。

Mailerリファレンスガイド

このリファレンスガイドでは、Quarkus Mailerの設定、使用方法について詳しく説明しています。

Micrometerメトリクス

Micrometerを使用して、Quarkus、そのエクステンション、アプリケーションによって生成されるメトリクスを収集します。

Neo4jクライアント

このガイドでは、QuarkusでNeo4jグラフデータベースを使用する方法について説明します。

OpenID Connect (OIDC) と OAuth2 クライアントおよびフィルター

Quarkus エクステンションは、トークンの取得、更新、伝播を対象に、OpenID Connect および OAuth 2.0 アクセストークンの管理に使用できます。

OpenID Connect (OIDC) 設定プロパティ

Quarkusの開発者は、src/main/resources/application.propertiesファイルに以下のプロパティを設定することで、Quarkus OpenID Connect(OIDC)エクステンションを設定します。

Quarkusでのトランザクションの使用

quarkus-narayana-jtaエクステンションは、リンク先で説明されているように、トランザクションを調整し、アプリケーションに公開するトランザクションマネージャを提供します:Jakarta Transactions仕様(旧称Java Transaction API (JTA))。

Quarkusでデータソースを設定

統一された設定モデルを使用して、Java Database Connectivity (JDBC) および Reactive ドライバのデータソースを定義します。

Quarkusスタイル・コンテンツガイドライン

ガイドラインは、Quarkusドキュメントに必要な構造や構成に基づいた、明確で一貫性のあるコンテンツを提供するためのものです。

Qute リファレンスガイド

Quteのテンプレートエンジンについて知りたい方は、こちらをご覧ください。

Redis エクステンションのリファレンスガイド

Redisは、データベース、キャッシュ、ストリーミングエンジン、メッセージブローカーとして使用されるインメモリデータストアです。

Redisキャッシュ

QuarkusのキャッシュバックエンドとしてRedisを使用

Sentryを使ってログを監視する

このガイドでは、Sentry を使ってアプリケーションを監視し、例外が発生したときに通知を受ける方法を説明します。

Stork リファレンスガイド

このガイドは、Stork 入門ガイドの対です。

Testing your Quarkus web application with Playwright

This guide covers how to test your Quarkus web application with Playwright.

Using Quinoa to plug npm-compatible web applications

This guide covers how to develop, build and serve your npm-compatible web applications such as React, Angular, Vue, Lit, Svelte, Astro, SolidJS, and others alongside Quarkus.

Using the Web Bundler to bundle and minify scripts, styles, and packages

This guide covers how to set up bundling and minification (with source-map) for your web app scripts (JS, JSX, TS, TSX), dependencies (jQuery, htmx, Bootstrap, Lit etc.), and styles (CSS, SCSS, SASS).

Vaultの使用

このガイドでは、HashiCorp Vaultを使用してQuarkusにクレデンシャルを安全に保存する方法について説明します。

Vert.x リファレンスガイド

このリファレンスガイドは、Quarkusが使用するVert.xインスタンスの使用方法と設定に関する高度な詳細を提供します。

WebSockets Next エクステンションリファレンスガイド

WebSocketとReactive Messagingの併用

このガイドでは、QuarkusアプリケーションがSmallRye Reactive Messagingを使用してWebSocketsでメッセージを消費、生成する方法を説明します。

gRPCコード生成リファレンスガイド

gRPCコード生成の設定方法について説明します。

gRPCリファレンスガイド

gRPCサーバーとクライアントの設定方法について説明します。

ウェブエンドポイントの認可

Quarkusには、プラグイン可能なWebセキュリティレイヤーが組み込まれています。

クラスローディングリファレンス

Quarkusクラスのローディングインフラストラクチャについてはこちらをご覧ください。

コマンドモードアプリケーション

このリファレンスガイドでは、Quarkusを使用してコマンドラインアプリケーションを開発する方法について説明しています。

コンテキストと依存性インジェクション

CDIのQuarkus実装についてさらに詳しく説明します。

スケジューラーリファレンスガイド

スケジューラーエクステンションの詳細はこちらをご覧ください。

ネイティブリファレンスガイド

このガイドは、ネイティブ実行可能ファイルのビルド、ネイティブイメージでのSSLの使用、ネイティブアプリケーションの作成の各ガイドの対となるものです。

マネジメントインターフェースリファレンス

マネジメントインターフェイスの設定

リアクティブメッセージング AMQP1.0 コネクターリファレンスドキュメント

このガイドは、AMQP 1.0入門の対です。

リアクティブメッセージング RabbitMQ コネクターのリファレンスドキュメント

このガイドは、RabbitMQ入門ガイドの対です。

リアクティブメッセージングでの HTTP の利用

このガイドでは、Quarkus アプリケーションが MicroProfile Reactive Messaging を使用して HTTP メッセージを消費および生成する方法を説明します。

ロギング設定

QuarkusでのロギングAPIの使用、ロギング出力の設定、他のロギングAPIからの出力を統一するためのロギングアダプタの使用について解説します。

ヴォールトトランジットシークレットエンジンの使用

このガイドでは、HashiCorp Vaultを「サービスとしての暗号化」に使用する方法を説明しています。

仮想スレッドサポートリファレンス

このガイドでは、QuarkusアプリケーションでJava 21+の仮想スレッドを使用する方法について説明します。

設定リファレンスガイド

Quarkusアプリケーションを設定する為の詳細について説明します。

一般ガイド

その他のQuarkusガイド

.propertiesファイルでセキュリティーを使用

このガイドでは、Quarkusアプリケーションが.propertiesファイルを使用してユーザーIDを保存する方法を説明します。

AMQP 1.0を使用したQuarkusのメッセージング入門

このガイドでは、QuarkusアプリケーションがQuarkus Messagingを利用してAMQPとやり取りする方法を示します。

AWS Lambda

このガイドでは、QuarkusベースのAWS Lambdaをデプロイする方法を説明します。

AWS Lambda SnapStartの設定

このドキュメントでは、AWS Lambda application for SnapStartの最適化について解説します

AnsibleでQuarkusのデプロイを自動化

Ansibleを使用したQuarkusアプリのビルドとデプロイ

Apache Camel on Quarkus

このガイドでは、Apache Camel でのシステム統合について説明します

Apache Kafka ストリームの使用

このガイドでは、QuarkusアプリケーションでApache Kafka Streams APIを利用して、Apache Kafkaをベースにしたストリーム処理アプリケーションを実装する方法を説明します。

Apache Kafka リファレンスガイド

このリファレンスガイドでは、Apache KafkaとQuarkus Messagingエクステンションについて詳しく説明します。

Apache Kafkaを使用したQuarkusメッセージング入門

このガイドでは、QuarkusアプリケーションがQuarkus Messagingを利用してApache Kafkaとやり取りする方法を示します。

Apache Pulsar リファレンス・ガイド

このリファレンス・ガイドでは、Apache PulsarとQuarkus Messagingエクステンションについて詳しく説明します。

Apache PulsarによるQuarkusメッセージングの開始

このガイドでは、QuarkusアプリケーションがQuarkus Messagingを利用してApache Pulsarとやりとりする方法を示します。

AppCDS

このリファレンスガイドでは、QuarkusでAppCDSを有効化する方法について説明しています。

Azure Functions

作成したMicrosoft Azure functionsとQuarkusの統合。

Azure Functions と Funqy HTTP バインディング

サーバーレスQuarkusアプリケーションのデプロイには、Microsoft Azure FunctionsとFunqy HTTPバインディングを使用してください。

Blaze-Persistenceの使用

このガイドでは、Blaze-Persistenceを使用してデータとDTOレイヤーを簡素化する方法を説明します。

CDI 統合ガイド

エクステンションをQuarkusのCDIコンテナに統合する方法について説明します。

Cassandra クライアントの使用

このガイドでは、QuarkusでApache Cassandra NoSQLデータベースを使用する方法について説明します。

Dev Services for AMQP

開発モードやテストモードでAMQPを自動的に起動します。

Dev Services for Apicurio Registry

開発モードやテストモードでApicurio Registryを自動的に起動します。

Dev Services for Databases

開発モードでテストまたは実行する場合、Quarkus は設定不要のデータベースをすぐに提供できます。これは、Dev Servicesと呼ばれる機能です。

Dev Services for Elasticsearch

開発モードとテストモードでElasticsearchを自動的に起動する

Dev Services for Kafka

開発モードやテストモードでApache Kafkaを自動的に起動します。

Dev Services for Kubernetes

開発モードやテストモードでKubernetes API サーバーを自動的に起動します。

Dev Services for Pulsar

Quarkus Messaging Pulsarエクステンション(quarkus-messaging-pulsar)を使用すると、Pulsar向けDev Servicesが、開発モード時やテスト実行時に自動的にPulsarブローカーを起動します。

Dev Services for RabbitMQ

Dev Services for RabbitMQは、開発モードとテスト実行時に自動的にRabbitMQブローカーを起動します。

Dev Services for Redis

開発モードとテストモードで自動的にRedisを起動。

Dev Servicesの概要

Dev Serviceの紹介と、Dev Serviceをサポートするすべてのエクステンションとその設定オプションの一覧です。

Elasticsearchクラスターの実行

このガイドでは、低レベルのRESTクライアントまたはElasticsearch Javaクライアントを使用して、Elasticsearchクラスタと対話する方法を説明します。

Flywayの使用

このガイドでは、Flyway エクステンションを使用してスキーマのマイグレーションを管理する方法について説明します。

Funqy

このガイドでは、Funqyフレームワークの基本、シンプルなポータブルクロスプロバイダーCloud Function APIについて説明します。

Funqy AWS Lambdaバインディング

このガイドでは、FunqyのAWS Lambdaバインディングについて説明します。

Funqy Google Cloud Functions

FunqyのGoogle Cloud Platform Functionsバインディングについて解説しています。

Funqy HTTPバインディング (スタンドアロン)

このガイドでは、FunqyのHTTPバインディングについて説明します。

Funqy HTTPバインディングとAWS Lambda

このガイドでは、FunqyのAWS Lambda HTTPバインディングについて説明します。

Funqy Knative Events バインディング

このガイドでは、FunqyのKnative Eventsバインディングについて説明しています。

Google Cloud Functions (サーバーレス)

このガイドでは、QuarkusベースのGoogle Cloud Functionsを導入する方法を説明します。

Google Cloud Functionsを使用した Funqy HTTP バインディング

FunqyのGoogle Cloud Platform FunctionsのHTTPバインディングについて解説します。

Google Cloud Platform (GCP)へのデプロイ

このガイドでは、QuarkusアプリケーションをGoogle Cloudにデプロイする方法を説明します。

Herokuへのデプロイ

HerokuへのQuarkusアプリケーションのデプロイ

Hibernate ORMとElasticsearch/OpenSearchでHibernate Searchを使用

Hibernate ORMを使用したHibernate Searchでは、Elasticsearch/OpenSearchクラスタ内のエンティティにインデックスを付け、Hibernate ORMベースのすべてのアプリケーションでフルテキスト検索を簡単に提供できます。

Hibernate ORMとJakarta Persistenceの使用

Hibernate ORMは、Jakarta Persistenceのデファクトの実装であり、Object Relational Mapperの全ての機能を提供します。

Hibernate Reactiveの使用

Hibernate Reactiveは、Hibernate ORMのリアクティブAPIで、ノンブロッキングデータベースドライバとデータベースとのリアクティブスタイルのインタラクションをサポートしています。

Hibernate Validatorによるバリデーション

このガイドでは、RESTサービスでHibernate Validator/Bean Validationを使用する方法について説明します。

Infinispanの開発サービス

開発モードやテストモードで自動的にInfinispanを起動。

Infinispanクライアントの使用

このガイドでは、QuarkusでInfinispanを使用する方法について説明します。

JDBCでセキュリティーを使用する

このガイドでは、Quarkusアプリケーションがデータベースを使用してユーザーIDを保存する方法を説明します。

JMSの使用

このガイドでは、Quarkusアプリケーションが、Apache Qpid JMSを使用してAMQP 1.0でJMSメッセージングを使用する方法、またはApache ActiveMQ Artemis JMSを使用する方法を説明します。

JReleaser によるパッケージングとリリース

このガイドでは、JReleaserツールを使用したCLIアプリケーションのパッケージングとリリースについて説明します。

JSON RESTサービスの実装

JSONは今やマイクロサービス間の共通言語です。

JSONウェブトークン (JWT) のビルド、署名、暗号化

RFC7519 によると、JSON Web トークン (JWT) は、JSON Web 署名 (JWS) 構造のペイロードとして、または JSON のプレーンテキストとして使用される JSON オブジェクトとしてエンコードされるクレームを表す、コンパクトで URL セーフな手段です。 Web 暗号化 (JWE) 構造により、クレームをデジタル署名したり、メッセージ認証コード (MAC) で完全性を保護したり、暗号化したりできます。

JWT RBAC の使用

このガイドでは、アプリケーションでSmallRye JWTを利用して、Jakarta RESTエンドポイントへのセキュアなアクセスを提供する方法について説明します。

Kafka Dev UI

開発目的のApache KafkaのDev UIエクステンションです。

Keycloak Admin Clientの使用

Quarkus Keycloak Admin Clientとそのreactiveの2つは、実行中のKeycloakサーバーを設定するために使用できるKeycloak Admin Clientをサポートしています。

Kotlinの使用

このガイドでは、Kotlinの使い方を説明します。

Kubernetes Config

ConfigMapsをQuarkusアプリケーションの設定ソースとして使用します。

Kubernetes で Stork を使用

このガイドでは、Kubernetes で Stork を使用してサービスの検出と負荷分散を行う方法について説明します。

Kubernetes エクステンション

このガイドでは、Kubernetes上にネイティブアプリケーションをデプロイする方法を説明します。

KubernetesでgRPCサービスをデプロイする

このガイドでは、QuarkusのgRPCサービスをKubernetesにデプロイする方法を説明します。

Kubernetesクライアント

このガイドでは、Fabric8 Kubernetes クライアントを使用して Kubernetes クラスタと対話する方法を説明します。

LDAPレルムを利用したセキュリティーの使用

このガイドでは、QuarkusアプリケーションがLDAPディレクトリを使用してユーザーIDを保存する方法を説明します。

Liquibase MongoDBの使用

Liquibase はデータベースのスキーマ変更管理のためのオープンソースツールで、そのMongoDB Extension を介して MongoDB データベースを管理することができます。

Liquibaseの使用

このガイドでは、スキーマのマイグレーションを管理するための Liquibase エクステンションの使い方を説明します。

Microsoft Azure Cloudへのデプロイ

このガイドでは、QuarkusアプリケーションをMicrosoft Azure Cloudにデプロイする方法を説明します。

MongoDB クライアントの利用

このガイドでは、QuarkusでMongoDBを使用する方法について説明します。

Mutinyによる非同期入門

Mutinyは、直感的でリアクティブなプログラミングライブラリです。

Narayana LRA 参加者サポート

このガイドでは、サービスをまたいだアクティビティの調整にLRAを使用する方法をカバーします。

OAuth2 RBACの使用

このガイドでは、QuarkusアプリケーションでOAuth2トークンを利用して、JAX-RSエンドポイントへのセキュアなアクセスを提供する方法について説明します。

Observability Dev Services

Entry point for Observability DevServices

Observability Dev Services with Grafana OTel LGTM

OTel-LGTM is all-in-one Docker image containing OpenTelemetry’s OTLP as the protocol to transport metrics, tracing and logging data to an OpenTelemetry Collector which then stores signals data into Prometheus (metrics), Tempo (traces) and Loki (logs), only to have it visualized by Grafana.

OpenAPIとSwagger UIの利用

このガイドでは、OpenAPI エクステンションを使用して OpenAPI ディスクリプタを生成し、Swagger UI フロントエンドを取得して REST エンドポイントをテストする方法を説明します。

OpenShiftへのデプロイ

このガイドでは、OpenShift上にネイティブアプリケーションをデプロイする方法を説明します。

OpenTelemetryの使用

このガイドでは、QuarkusアプリケーションでOpenTelemetry を使用してインタラクティブなウェブアプリケーションで分散トレースを提供する方法について説明します。

PanacheでJakarta RESTリソースを生成する

Hibernate ORM REST Data with Panacheは、Jakarta RESTとHibernate ORMをベースにしたCRUDアプリケーションの作成を簡素化します。

PanacheでシンプルになったHibernate Reactive

Hibernate ReactiveをベースにしたシンプルになったリアクティブORMレイヤー。

Picocli を使ったコマンドモード

Picocli エクステンションでコマンドラインアプリケーションの作成を簡素化します。

Podman と Quarkus の併用

Podmanは、Linux、Windows、Mac上でOCIコンテナを開発、管理、実行するための、オープンソース、デーモンレス、ルートレスコンテナエンジンです。

Quarkus Extension Metadata

Quarkusのエクステンションは、アプリケーションや他のライブラリが依存する可能性のあるMaven JARアーティファクトとして配布されます。

Quarkus Mavenプラグイン

Quarkus Mavenプラグインは、Quarkusアプリケーションをビルドし、開発モードの起動やネイティブ実行可能ファイルのビルドのためのヘルパーを提供します。

Quarkus Messagingエクステンション

Event-driven messaging systems have become the backbone of most modern applications, enabling the building of message-driven microservices or complex data streaming pipelines.

Quarkus REST、Undertow、またはReactive Routesを使用したAWS Lambda

このガイドでは、Vert.x Web、Servlet、またはRESTEasyマイクロサービスをAWS Lambdaとしてデプロイする方法を説明します。

Quarkus REST、Undertow、またはReactive Routesを使用したAzure Functions

Vert.x Web、Servlet、またはRESTEasyマイクロサービスをMicrosoft Azure Functionとしてデプロイ。

Quarkus REST、Undertow、またはReactive Routesを使用したGoogle Cloud Functions(サーバーレス)

このガイドでは、Vert.x Web、Servlet、またはRESTEasyマイクロサービスをGoogle Cloud Functionとしてデプロイする方法を説明します。

Quarkus REST(旧RESTEasy Reactive)によるRESTサービスの作成

Jakarta REST と Quarkus REST を使用して、スケーラビリティの高いリアクティブ REST サービスを開発する方法を紹介します。

Quarkus REST(旧RESTEasy Reactive)への移行

RESTEasy ClassicからQuarkus REST(旧RESTEasy Reactive)への移行は、ほとんどの場合簡単ですが、いくつか注意が必要なケースがあります。

Quarkus for the Web

Learn more about creating all kinds of Web applications with Quarkus.

Quarkus でのソフトウェアトランザクショナルメモリーの使用

このガイドでは、ソフトウェア・トランザクション・メモリ(STM)の使用法について説明します。

Quarkus によるスクリプティング

jbangを使った簡単なQuarkusベースのスクリプティング方法です。

Quarkus コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用した Quarkus アプリの構築

Quarkus CLIを使用して、Quarkusプロジェクトのエクステンションを作成、ビルド、実行、管理します。

Quarkus リアクティブアーキテクチャ

Quarkusリアクティブアーキテクチャについてはこちらをご覧ください

Quarkusでのコンテキスト伝搬

SmallRye Context Propagationを使ってコンテキスト情報を渡す方法の詳細については、こちらをご覧ください。

QuarkusとGradle

Gradleを使用したQuarkusアプリケーションの開発とビルド

QuarkusとMaven

Mavenを使用したQuarkusアプリケーションの開発とビルド

Quarkusの仮想スレッドによるgRPCサービスのサポート

このガイドでは、gRPCサービスを実装する際にJava仮想スレッドを利用する方法を説明します。

QuarkusアプリケーションからのEclipse Vert.x APIの使用

このガイドでは、QuarkusでVert.xを使用してリアクティブアプリケーションを構築する方法について説明します。

Quarkusアプリケーションの再オーグメンテーション

異なるビルド時設定でアプリケーションを再ビルドする為にmutable jarを使用

Quarkusエクステンションレジストリ

エクステンションレジストリの概念と、使用方法について詳しくご紹介します。

Quarkusベースランタイムイメージ

ネイティブ実行可能ファイルのコンテナ化を容易にするため、Quarkusには、これらの実行可能ファイルを実行するための要件を提供するベースイメージが用意されています。

Quartzによる定期的なタスクのスケジューリング

スケジュールされたタスクにクラスタリングのサポートが必要ですか?このガイドでは、そのための Quartz エクステンションの使い方を説明します。

Qute テンプレートエンジン

Quteのテンプレートエンジンを使ったアプリケーションでのテンプレートの使用方法については、こちらをご覧ください。

REST クライアントの利用

このガイドでは、REST Client の使用方法について説明します。

RESTEasy Classic

RabbitMQを使用したQuarkusメッセージング入門

このガイドでは、QuarkusアプリケーションがQuarkus Messagingを利用してRabbitMQとやり取りする方法を示します。

Reactive MessagingによるQuarkus仮想スレッドのサポート

このガイドでは、Quarkusでメッセージ処理アプリケーションを記述する際に、Java仮想スレッドを利用する方法について説明します。

Reactive Routesの使用

このガイドでは、リアクティブルートの使用方法を説明します。

Redisクライアントの使用

このガイドでは、QuarkusでRedisデータストアを使用する方法について説明します。

SMTPでのメールの送信

リアクティブメールクライアントを使用してQuarkusアプリケーションからメールを送信する方法について説明します。

Schema RegistryとAvroと共にApache Kafkaを使用

Apache Kafkaを使用し、Avroでシリアル化されたレコードを使用し、スキーマレジストリに接続します。

SmallRye GraphQL

このガイドでは、SmallRye GraphQL を活用して GraphQL サービスを実装する方法を説明します。

SmallRye GraphQLクライアント

このガイドでは、SmallRye GraphQL を活用して GraphQL サービスを使用する方法を説明します。

SmallRye Health

このガイドでは、QuarkusアプリケーションがSmallRye Healthエクステンションを使用する方法を説明します。

SmallRye Metrics

このガイドでは、QuarkusアプリケーションがSmallRye Metricsエクステンションを使用する方法を説明します。

SmallRye Stork入門

分散システムの本質は、サービス間の相互作用にあります。

SmallRyeのフォールト・トレランス

このガイドでは、QuarkusアプリケーションがSmallRye Fault Toleranceエクステンションを使用してSmallRye Fault Tolerance仕様を使用する方法を説明します。

@ConfigurationProperties を使用します

" keywords="" categories="compatibility" origin="" >

Spring BootプロパティAPIでアプリケーションのプロパティにアクセスする

MicroProfile Config アノテーションの代わりに Spring Boot の @ConfigurationProperties を使用します

Spring Cache APIのためのQuarkusエクステンション

アプリケーションレベルのキャッシングにはCacheエクステンションを使用することが推奨されていますが、QuarkusはSpring Cacheエクステンションの形でSpring Cacheの互換性レイヤーを提供しています。

Spring Cloud Config Serverからのプロパティの読み込み

Quarkusは、Spring-cloud-config-clientエクステンションの形でSpring Cloud Config用の互換性レイヤーを提供しています。

Spring DI APIのためのQuarkusエクステンション

インジェクションにはCDIアノテーションを使用することが推奨されていますが、Quarkusはspring-diエクステンションの形でSpring依存性インジェクション用の互換性レイヤーを提供しています。

Spring Data API のエクステンション

データレイヤーにはHibernate ORM with Panacheを使用することが推奨されていますが、Quarkusはspring-data-jpaエクステンションの形でSpring Data JPAの互換性レイヤーを提供しています。

Spring Data RESTのエクステンション

Spring Data RESTは、当社のSpring Data互換性レイヤをベースにCRUDアプリケーションの作成を簡素化します。

Spring Scheduling APIのためのQuarkus Extension

SchedulerやQuartzのエクステンションを使ってタスクをスケジュールすることが推奨されていますが、QuarkusはSpring-scheduledエクステンションの形でSpring Scheduledとの互換性のあるレイヤーを提供しています。

Spring Security API の Quarkus エクステンション

Quarkus Securityレイヤーを使用してアプリケーションを保護することが推奨されていますが、Quarkusはspring-securityのエクステンションの形でSpring Securityとの互換性のあるレイヤーを提供しています。

Spring Web APIのためのQuarkus エクステンション

RESTエンドポイントの定義にはJakarta RESTアノテーションを使用することが推奨されていますが、QuarkusはSpring-webエクステンションという形でSpring Webとの互換性のあるレイヤーを提供しています。

UPXでネイティブ実行可能ファイルを圧縮

Ultimate Packer for eXecutables (UPX) は、実行可能ファイルのサイズを縮小する圧縮ツールです。

Use Hibernate Search in Standalone mode with Elasticsearch/OpenSearch

Hibernate Search Standalone allows you to index your entities in an Elasticsearch/OpenSearch cluster and easily offer full text search in all your applications, even without Hibernate ORM.

Web dependency locator

Learn more about how to use the web dependency locator

WebAuthnでセキュリティを使用

このガイドでは、Quarkus アプリケーションで、パスワードの代わりに WebAuthn 認証を使用する方法を説明します。

WebSocketの使用

このガイドでは、QuarkusアプリケーションがWeb Socketを利用してインタラクティブなウェブアプリケーションを作成する方法を説明します。

gRPC

gRPCの全てについてのエントリーポイントです。

gRPC サービスの使用

このガイドでは、QuarkusアプリケーションでgRPCサービスを使用する方法について説明します。

gRPCサービスの実装

このガイドでは、QuarkusアプリケーションにgRPCサービスを実装する方法について説明します。

gRPC入門

このガイドでは、QuarkusアプリケーションでgRPCを使用する方法を説明します。

xDS gRPCの使用

このページでは、QuarkusアプリケーションでxDS gRPCの利用を有効にする方法について説明します。

すべての設定オプション

エクステンションごとのすべての設定プロパティのリストです。

アプリケーションのテスト

このガイドでは、JVMモード、ネイティブモードでのテスト、リソースのテストへの注入についてカバーしています

アプリケーションの初期化と終了

アプリケーションの起動時にカスタムアクションを実行し、アプリケーションの停止時にすべてをクリーンアップする必要があることがよくあります。

アプリケーションの設定

コードにハードコードされた値を入れるのはNGです(たとえ、私たち全員がいつかはやってしまったとしても;-))。

アプリケーションデータのキャッシング

このガイドでは、シンプルなアノテーションを使用してCDI Beanの高価なメソッド呼び出しをキャッシュする方法を説明します。

イベントバスの使用

このガイドでは、イベントバスを使用して異なるBeanがどのように相互作用するかを説明します。

エクステンション Codestart

code.quarkus.ioや、すべてのQuarkusツールでQuarkusアプリケーションを生成する際に、エクステンション用の初期コードをユーザーに提供する。

エクステンションケイパビリティ

Quarkusでのケイパビリティの実装、使用方法

エクステンション開発者のためのDev UI

エクステンションがDev UI (v2)に機能を提供する方法を学習します。

クレデンシャルプロバイダーの使用

このガイドでは、Vault の資格情報プロバイダを使用する方法、または独自のカスタムのものを実装する方法について説明します。

クロスサイトリクエストフォージェリー対策

クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)は、エンドユーザーが現在認証されているウェブアプリケーション上で望まない動作を実行させる攻撃です。

Jakarta Contexts and Dependency Injection 4.1 specification.

" keywords="qualifier event interceptor observer arc" categories="core" origin="" >

コンテキストと依存性注入(CDI)の紹介

Quarkus DI solution is based on the Jakarta Contexts and Dependency Injection 4.1 specification.

コンテナーイメージ

Jib、OpenShift、またはDockerを使用して、Quarkusビルドの一部としてコンテナイメージをビルドし、プッシュする方法を学びます。

シンプルになったHibernate ORM with Panache

Hibernate ORMは、Jakarta Persistenceのデファクトの実装であり、Object Relational Mapperの全ての機能を提供します。

シンプルになったHibernate ORM with PanacheとKotlin

KotlinプロジェクトでHibernate ORM with Panacheを使う場合に固有の事項について説明します。

シンプルになったMongoDB with Panache

このガイドでは、アクティブなレコードやリポジトリを使ったMongoDBの使い方について説明します。

シンプルになったMongoDB with PanacheとKotlin

このガイドでは、Kotlinプロジェクトでアクティブレコードやリポジトリを使ったMongoDBの使い方について説明します。

スキーマレジストリとJSONスキーマと共にApache Kafkaを使用する

Use Apache Kafka, Json Schema serialized records, and connect to a schema registry.

セキュリティに関するヒントとコツ

セキュリティのテスト

このドキュメントでは、Quarkus Securityのテスト方法について説明します。

テストカバレッジの測定

このガイドでは、Quarkusアプリケーションのテストカバレッジを測定する方法について説明します。

ネイティブイメージでのSSLの利用

このガイドでは、ネイティブイメージがそのままではSSLをサポートしていないため、ネイティブイメージをSSLに対応させる方法について説明します。

ネイティブ・アプリケーションを作成するためのヒント

このガイドは、アプリケーションをネイティブ実行可能ファイルにコンパイルする際に遭遇する問題を解決するためのヒントをまとめたものです。

パフォーマンスの測定

このガイドでは、Quarkusアプリケーションのフットプリントを最適に測定する方法について説明します。

ビルドアイテム

エクステンションで消費/生産できるすべての BuildItems を調べてみましょう。

ビルド分析

このガイドでは、ビルド分析とは何か、どのように設定するかを紹介します。

プラットフォーム

Quarkusの世界でプラットフォームと呼ばれているものについては、こちらをご覧ください。

マルチパートでのRESTクライアントの使用

このガイドでは、RESTEasy Classic REST Client を使用してマルチパート REST リクエストを送信する方法について説明します。

リアクティブ SQL クライアント

このガイドでは、QuarkusのReactive SQLクライアントの使用方法について説明します。

レガシーREST クライアントの利用

このガイドでは、RESTEasy Classic REST Clientを使用して、わずかな労力でREST API(JSONなど)と対話する方法を説明します。

ログの一元管理(Graylog、Logstash、Fluentd)

このガイドでは、Graylog Extended Log Format (GELF) を使用して Logstash または Fluentd でログを集中管理する方法を説明します。

初めてのエクステンションの作成

簡単なエクステンションを構築する方法をステップバイステップで学ぶことができます。

初期化タスク

このリファレンスガイドでは、初期化タスクの設定方法について説明します。

定期的なタスクのスケジューリング

モダンなアプリケーションは、定期的に特定のタスクを実行する必要があることが多くあります。

条件付きエクステンション依存関係

特定の条件に基づいて、追加のエクステンションを含めることをトリガー出来ます。

独自のエクステンションの作成

Quarkusのエクステンションは、できるだけ多くの作業をビルド操作に回すことで、アプリケーションを最適化します。

継続的テスト

継続的テストにより、早期にテストのフィードバックを得ることができます。

設定におけるシークレット

暗号化された設定値を使用して、機密性の高いパスワード、シークレット、トークン、キーを保護します。

設定をオブジェクトにマッピング

複数の設定プロパティをオブジェクトにグループ化

設定サポートの拡張

設定の拡張、カスタマイズ

開発モードと本番アプリケーションの差異

開発モードと本番アプリケーションの差異