The English version of quarkus.io is the official project site. Translated sites are community supported on a best-effort basis.
このページを編集

SmallRyeのフォールト・トレランス

マイクロサービスの分散した性質がもたらす課題の1つは、外部システムとの通信が本質的に信頼できないことです。これにより、アプリケーションの耐障害性に対する要求が高まります。より耐障害性の高いアプリケーションを簡単に作るために、Quarkusは MicroProfile Fault Tolerance仕様の実装である SmallRye Fault Toleranceを提供します。

In this guide, we demonstrate usage of MicroProfile Fault Tolerance annotations such as @Timeout, @Fallback, @Retry, @CircuitBreaker, and @RateLimit.

前提条件

このガイドを完成させるには、以下が必要です:

  • 約15分

  • IDE

  • JDK 17+がインストールされ、 JAVA_HOME が適切に設定されていること

  • Apache Maven 3.9.6

  • 使用したい場合は、 Quarkus CLI

  • ネイティブ実行可能ファイルをビルドしたい場合、MandrelまたはGraalVM(あるいはネイティブなコンテナビルドを使用する場合はDocker)をインストールし、 適切に設定していること

シナリオ

このガイドで構築されたアプリケーションは、グルメコーヒーのeショップのためのシンプルなバックエンドをシミュレートします。これは、店舗にあるコーヒーサンプルに関する情報を提供する REST エンドポイントを実装しています。

そのような実装はされていませんが、エンドポイントのいくつかのメソッドが、データベースや外部のマイクロサービスなどの外部サービスとの通信を必要とし、信頼性の低い要素を導入することを想像してみましょう。

ソリューション

次の章で紹介する手順に沿って、ステップを踏んでアプリを作成することをお勧めします。ただし、完成した例にそのまま進んでも構いません。

Gitレポジトリをクローンするか git clone https://github.com/quarkusio/quarkus-quickstarts.gitアーカイブ をダウンロードします。

ソリューションは microprofile-fault-tolerance-quickstart ディレクトリ にあります。

Mavenプロジェクトの作成

まず、新しいプロジェクトが必要です。以下のコマンドで新規プロジェクトを作成します。 :

コマンドラインインタフェース
quarkus create app org.acme:microprofile-fault-tolerance-quickstart \
    --extension='smallrye-fault-tolerance,rest-jackson' \
    --no-code
cd microprofile-fault-tolerance-quickstart

Gradleプロジェクトを作成するには、 --gradle または --gradle-kotlin-dsl オプションを追加します。

Quarkus CLIのインストールと使用方法の詳細については、 Quarkus CLI ガイドを参照してください。

Maven
mvn io.quarkus.platform:quarkus-maven-plugin:3.11.1:create \
    -DprojectGroupId=org.acme \
    -DprojectArtifactId=microprofile-fault-tolerance-quickstart \
    -Dextensions='smallrye-fault-tolerance,rest-jackson' \
    -DnoCode
cd microprofile-fault-tolerance-quickstart

Gradleプロジェクトを作成するには、 -DbuildTool=gradle または -DbuildTool=gradle-kotlin-dsl オプションを追加します。

Windowsユーザーの場合:

  • cmdを使用する場合、(バックスラッシュ \ を使用せず、すべてを同じ行に書かないでください)。

  • Powershellを使用する場合は、 -D パラメータを二重引用符で囲んでください。例: "-DprojectArtifactId=microprofile-fault-tolerance-quickstart"

このコマンドはプロジェクトを生成し、Quarkus REST(旧RESTEasy Reactive)/Jakarta RESTおよびSmallRye Fault Toleranceのエクステンションをインポートします。

すでにQuarkusプロジェクトが設定されている場合は、プロジェクトのベースディレクトリーで以下のコマンドを実行することで、プロジェクトに smallrye-fault-tolerance エクステンションを追加することができます。

コマンドラインインタフェース
quarkus extension add smallrye-fault-tolerance
Maven
./mvnw quarkus:add-extension -Dextensions='smallrye-fault-tolerance'
Gradle
./gradlew addExtension --extensions='smallrye-fault-tolerance'

これにより、ビルドファイルに以下の内容が追加されます。 :

pom.xml
<dependency>
    <groupId>io.quarkus</groupId>
    <artifactId>quarkus-smallrye-fault-tolerance</artifactId>
</dependency>
build.gradle
implementation("io.quarkus:quarkus-smallrye-fault-tolerance")

アプリケーションの準備: RESTエンドポイントとCDIビーン

このセクションでは、後でフォールトトレランス機能を追加できるよう、拡張可能なようにアプリケーションの骨組を作成します。

まず、お店のコーヒーのサンプルを表すシンプルなエンティティを作成します。 :

package org.acme.microprofile.faulttolerance;

public class Coffee {

    public Integer id;
    public String name;
    public String countryOfOrigin;
    public Integer price;

    public Coffee() {
    }

    public Coffee(Integer id, String name, String countryOfOrigin, Integer price) {
        this.id = id;
        this.name = name;
        this.countryOfOrigin = countryOfOrigin;
        this.price = price;
    }
}

続いて、コーヒーのサンプルのrepositoryとして動作するシンプルなCDIビーンです。

package org.acme.microprofile.faulttolerance;

import java.util.ArrayList;
import java.util.Collections;
import java.util.HashMap;
import java.util.List;
import java.util.Map;
import java.util.stream.Collectors;
import jakarta.enterprise.context.ApplicationScoped;

@ApplicationScoped
public class CoffeeRepositoryService {

    private Map<Integer, Coffee> coffeeList = new HashMap<>();

    public CoffeeRepositoryService() {
        coffeeList.put(1, new Coffee(1, "Fernandez Espresso", "Colombia", 23));
        coffeeList.put(2, new Coffee(2, "La Scala Whole Beans", "Bolivia", 18));
        coffeeList.put(3, new Coffee(3, "Dak Lak Filter", "Vietnam", 25));
    }

    public List<Coffee> getAllCoffees() {
        return new ArrayList<>(coffeeList.values());
    }

    public Coffee getCoffeeById(Integer id) {
        return coffeeList.get(id);
    }

    public List<Coffee> getRecommendations(Integer id) {
        if (id == null) {
            return Collections.emptyList();
        }
        return coffeeList.values().stream()
                .filter(coffee -> !id.equals(coffee.id))
                .limit(2)
                .collect(Collectors.toList());
    }
}

最後に、 org.acme.microprofile.faulttolerance.CoffeeResource クラスを以下のように作成します。 :

package org.acme.microprofile.faulttolerance;

import java.util.List;
import java.util.Random;
import java.util.concurrent.atomic.AtomicLong;
import jakarta.inject.Inject;
import jakarta.ws.rs.GET;
import jakarta.ws.rs.Path;

import org.jboss.logging.Logger;

@Path("/coffee")
public class CoffeeResource {

    private static final Logger LOGGER = Logger.getLogger(CoffeeResource.class);

    @Inject
    CoffeeRepositoryService coffeeRepository;

    private AtomicLong counter = new AtomicLong(0);

    @GET
    public List<Coffee> coffees() {
        final Long invocationNumber = counter.getAndIncrement();

        maybeFail(String.format("CoffeeResource#coffees() invocation #%d failed", invocationNumber));

        LOGGER.infof("CoffeeResource#coffees() invocation #%d returning successfully", invocationNumber);
        return coffeeRepository.getAllCoffees();
    }

    private void maybeFail(String failureLogMessage) {
        if (new Random().nextBoolean()) {
            LOGGER.error(failureLogMessage);
            throw new RuntimeException("Resource failure.");
        }
    }
}

この時点で、コーヒーサンプルのリストを JSON 形式で表示する単一の REST メソッドを公開しています。 CoffeeResource#maybeFail() メソッドにいくつかの障害を発生させるコードを導入したことに注意してください。これにより、リクエストの約 50 % で CoffeeResource#coffees() エンドポイントメソッドに障害が発生します。

アプリケーションが動作することを確認してみましょう。次のようにQuarkusの開発サーバーを起動してください。 :

コマンドラインインタフェース
quarkus dev
Maven
./mvnw quarkus:dev
Gradle
./gradlew --console=plain quarkusDev

http://localhost:8080/coffee をブラウザで開きます。いくつかのリクエストを行います(いくつかのリクエストは失敗することを想定しています)。少なくともいくつかのリクエストは、コーヒーサンプルのリストをJSONで表示してくれるはずです。残りのリクエストは、 CoffeeResource#maybeFail() 内で RuntimeException をスローして失敗します。

おめでとうございます!(多少、信頼性に欠けるものの)Quarkusアプリケーションが完成しました!

レジリエンスの追加: リトライ

Quarkusの開発サーバーを稼働させ、IDEで以下のように CoffeeResource#coffees() メソッドに @Retry アノテーションを追加し、ファイルを保存します。

import org.eclipse.microprofile.faulttolerance.Retry;
...

public class CoffeeResource {
    ...
    @GET
    @Retry(maxRetries = 4)
    public List<Coffee> coffees() {
        ...
    }
    ...
}

ブラウザの更新を実行します。Quarkusの開発サーバーが自動的に変更を検出してアプリを再コンパイルしてくれるので、再起動する必要はありません。

もう何度か更新ボタンを押してください。実質的にすべてのリクエストが成功しているはずです。 CoffeeResource#coffees() メソッドは、実際にはまだ約 50% の時間で失敗していますが、そのたびにプラットフォームは自動的に呼び出しを再試行します!

障害がまだ発生していることを確認するには、開発サーバーの出力をチェックします。ログメッセージは以下のようになっているはずです。 :

2019-03-06 12:17:41,725 INFO  [org.acm.fau.CoffeeResource] (XNIO-1 task-1) CoffeeResource#coffees() invocation #5 returning successfully
2019-03-06 12:17:44,187 INFO  [org.acm.fau.CoffeeResource] (XNIO-1 task-1) CoffeeResource#coffees() invocation #6 returning successfully
2019-03-06 12:17:45,166 ERROR [org.acm.fau.CoffeeResource] (XNIO-1 task-1) CoffeeResource#coffees() invocation #7 failed
2019-03-06 12:17:45,172 ERROR [org.acm.fau.CoffeeResource] (XNIO-1 task-1) CoffeeResource#coffees() invocation #8 failed
2019-03-06 12:17:45,176 INFO  [org.acm.fau.CoffeeResource] (XNIO-1 task-1) CoffeeResource#coffees() invocation #9 returning successfully

呼び出しが失敗するたびに、すぐに別の呼び出しが成功するまで続いていることがわかります。4回のリトライを許可しているので、ユーザーが実際に失敗にさらされるためには、5回の呼び出しが連続して失敗する必要があります。これは起こりそうもないことです。

レジリエンスの追加: タイムアウト

では、MicroProfile Fault Toleranceには他に何があるのでしょうか。タイムアウトについて見てみましょう。

CoffeeResource エンドポイントに以下の 2 つのメソッドを追加します。ここでもサーバーを再起動する必要はなく、コードを貼り付けてファイルを保存するだけです。

import org.eclipse.microprofile.faulttolerance.Timeout;
...
public class CoffeeResource {
    ...
    @GET
    @Path("/{id}/recommendations")
    @Timeout(250)
    public List<Coffee> recommendations(int id) {
        long started = System.currentTimeMillis();
        final long invocationNumber = counter.getAndIncrement();

        try {
            randomDelay();
            LOGGER.infof("CoffeeResource#recommendations() invocation #%d returning successfully", invocationNumber);
            return coffeeRepository.getRecommendations(id);
        } catch (InterruptedException e) {
            LOGGER.errorf("CoffeeResource#recommendations() invocation #%d timed out after %d ms",
                    invocationNumber, System.currentTimeMillis() - started);
            return null;
        }
    }

    private void randomDelay() throws InterruptedException {
        Thread.sleep(new Random().nextInt(500));
    }
}

いくつかの新しい機能を追加しました。ユーザーが現在見ているコーヒーに基づいて、関連するコーヒーをお勧めできるようにしたいのです。これは重要な機能ではなく、あれば望ましい機能です。システムに負荷がかかり、おすすめ情報を得るためのロジックの実行に時間がかかりすぎる場合は、むしろタイムアウトしておすすめ情報のないUIを表示したいと考えています。

なお、タイムアウトは250msに設定し、0~500msのランダムな人工的な遅延が CoffeeResource#recommendations() メソッドに導入されたことに注意してください。

お使いのブラウザで http://localhost:8080/coffee/2/recommendations にアクセスして、2、3回更新してください。

org.eclipse.microprofile.faulttolerance.exceptions.TimeoutException でいくつかのリクエストがタイムアウトになるはずです。タイムアウトにならなかったリクエストでは、JSONに2つのおすすめコーヒーサンプルが表示されます。

レジリエンスの追加: フォールバック

関連するコーヒーを入手するための代替手段(おそらくより迅速な方法)を提供することで、おすすめ機能をさらに改善しましょう。

CoffeeResource にフォールバック・メソッドを、 CoffeeResource#recommendations() メソッドに @Fallback アノテーションを以下のように追加します。

import java.util.Collections;
import org.eclipse.microprofile.faulttolerance.Fallback;

...
public class CoffeeResource {
    ...
    @Fallback(fallbackMethod = "fallbackRecommendations")
    public List<Coffee> recommendations(int id) {
        ...
    }

    public List<Coffee> fallbackRecommendations(int id) {
        LOGGER.info("Falling back to RecommendationResource#fallbackRecommendations()");
        // safe bet, return something that everybody likes
        return Collections.singletonList(coffeeRepository.getCoffeeById(1));
    }
    ...
}

http://localhost:8080/coffee/2/recommendations を何回も更新してください。 TimeoutException はもう表示されないはずです。代わりに、タイムアウトが発生した場合、元のメソッドが返す2つのレコメンデーションではなく、フォールバックメソッド fallbackRecommendations() にハードコードされた1つのレコメンデーションが表示されます。

フォールバックが本当に行われているかどうか、サーバーの出力を確認してください。 :

2020-01-09 13:21:34,250 INFO  [org.acm.fau.CoffeeResource] (executor-thread-1) CoffeeResource#recommendations() invocation #1 returning successfully
2020-01-09 13:21:36,354 ERROR [org.acm.fau.CoffeeResource] (executor-thread-1) CoffeeResource#recommendations() invocation #2 timed out after 250 ms
2020-01-09 13:21:36,355 INFO  [org.acm.fau.CoffeeResource] (executor-thread-1) Falling back to RecommendationResource#fallbackRecommendations()
フォールバックメソッドには、元のメソッドと同じパラメータが必要です。

レジリエンスの追加: サーキットブレーカー

サーキットブレーカーは,システムの一部が一時的に不安定になったときに,システム内で発生する障害の数を制限するのに有効です。サーキットブレーカーは、あるメソッドの成功と失敗を記録し、失敗したメソッドの割合が指定された閾値に達すると、サーキットブレーカーが 開き、それ以降のメソッドの呼び出しを一定時間ブロックします。

次のコードを CoffeeRepositoryService ビーンに追加して、サーキットブレーカーの動作をデモできるようにします。 :

import java.util.concurrent.atomic.AtomicLong;
import org.eclipse.microprofile.faulttolerance.CircuitBreaker;
...

public class CoffeeRepositoryService {
    ...

    private AtomicLong counter = new AtomicLong(0);

    @CircuitBreaker(requestVolumeThreshold = 4)
    public Integer getAvailability(Coffee coffee) {
        maybeFail();
        return new Random().nextInt(30);
    }

    private void maybeFail() {
        // introduce some artificial failures
        final Long invocationNumber = counter.getAndIncrement();
        if (invocationNumber % 4 > 1) { // alternate 2 successful and 2 failing invocations
            throw new RuntimeException("Service failed.");
        }
    }
}

そして、以下のコードを CoffeeResource のエンドポイントに注入します。 :

public class CoffeeResource {
    ...
    @Path("/{id}/availability")
    @GET
    public Response availability(int id) {
        final Long invocationNumber = counter.getAndIncrement();

        Coffee coffee = coffeeRepository.getCoffeeById(id);
        // check that coffee with given id exists, return 404 if not
        if (coffee == null) {
            return Response.status(Response.Status.NOT_FOUND).build();
        }

        try {
            Integer availability = coffeeRepository.getAvailability(coffee);
            LOGGER.infof("CoffeeResource#availability() invocation #%d returning successfully", invocationNumber);
            return Response.ok(availability).build();
        } catch (RuntimeException e) {
            String message = e.getClass().getSimpleName() + ": " + e.getMessage();
            LOGGER.errorf("CoffeeResource#availability() invocation #%d failed: %s", invocationNumber, message);
            return Response.status(Response.Status.INTERNAL_SERVER_ERROR)
                    .entity(message)
                    .type(MediaType.TEXT_PLAIN_TYPE)
                    .build();
        }
    }
    ...
}

もう一つの機能を追加しました。このアプリケーションは、私たちの店における、指定されたコーヒーの残りのパッケージの量を返すことができます(単なる乱数です)。

今回は、CDIビーンに人工的な失敗を導入しました。 CoffeeRepositoryService#getAvailability() メソッドは、2回の成功と2回の失敗の呼び出しを交互に行うことになります。

また、@CircuitBreaker`アノテーションを追加し、`requestVolumeThreshold = 4`としました。`CircuitBreaker.failureRatio はデフォルトで 0.5 で、 CircuitBreaker.delay はデフォルトで 5 秒です。つまり、過去4回の起動のうち2回が失敗した場合にサーキットブレーカーが開き、5秒間その状態のままになります。

これを試すには、次のようにします。 :

  1. ブラウザで http://localhost:8080/coffee/2/availability を開いて下さい。数字が返ってくるのが見えるでしょう。

  2. リフレッシュすると、この2回目のリクエストが再び成功し、数字が返ってくるはずです。

  3. さらに2回リフレッシュします。2回とも、"RuntimeException:Service failed." というテキストが表示されます。これは、 CoffeeRepositoryService#getAvailability() によってスローされる例外です。

  4. さらに数回更新します。長く待ちすぎていなければ、再び例外が表示されるはずですが、今回は "CircuitBreakerOpenException: getAvailability" となっています。この例外は、サーキットブレーカーが開き、 CoffeeRepositoryService#getAvailability() メソッドが呼び出されなくなったことを示しています。

  5. 5秒後にサーキットブレーカーが閉じて、再び2回のリクエストを成功させるようになります。

Adding Resiliency: Rate Limits

This is an additional feature of SmallRye Fault Tolerance and is not specified by MicroProfile Fault Tolerance.

It is possible to prevent an operation from being executed too often using a rate limit. Rate limits enforce a maximum number of permitted invocations in a time window of some length. For example, with a rate limit, one can make sure that a method may only be called 50 times per minute. Invocations that would exceed the limit are rejected with an exception of type RateLimitException.

Additionally, it is possible to define minimum spacing between invocations. For example, with a minimum spacing of 1 second, if a second invocation happens 500 millis after the first, it is rejected even if the limit would not be exceeded yet.

Rate limit is superficially similar to a bulkhead (concurrency limit), but is in fact quite different. Bulkhead limits the number of executions happening concurrently at any point in time. Rate limit limits the number of executions in a time window of some length, without considering concurrency.

Rate limits need to maintain some state between invocations: the number of recent invocations, the time stamp of last invocation, and so on. This state is a singleton, irrespective of the lifecycle of the bean that uses the @RateLimit annotation.

More specifically, the rate limit state is uniquely identified by the combination of the bean class (java.lang.Class) and the method object (java.lang.reflect.Method) representing the guarded method.

Let the Quarkus development mode run and in your IDE add the @RateLimit annotation to the CoffeeResource#coffees() method as follows and save the file:

import java.time.temporal.ChronoUnit;
import io.smallrye.faulttolerance.api.RateLimit;

...
public class CoffeeResource {
    ...
    @GET
    @RateLimit(value = 2, window = 10, windowUnit = ChronoUnit.SECONDS)
    public List<Coffee> coffees() {
        ...
    }
    ...
}

Hit refresh in your browser. The Quarkus development server will automatically detect the changes and recompile the app for you, so there’s no need to restart it.

You can hit refresh a couple more times. After 2 requests within a 10 second interval you should start seeing errors in the logs, similar to these:

INFO  [org.acm.mic.fau.CoffeeResource] (executor-thread-1) CoffeeResource#coffees() invocation #1 returning successfully
ERROR [io.qua.ver.htt.run.QuarkusErrorHandler] (executor-thread-1) HTTP Request to /coffee failed, error id: d3e59090-fd45-4c67-844e-80a8f7fa6ee0-4: io.smallrye.faulttolerance.api.RateLimitException: org.acme.microprofile.faulttolerance.CoffeeResource#coffees rate limit exceeded
        at io.smallrye.faulttolerance.core.rate.limit.RateLimit.doApply(RateLimit.java:58)
        at io.smallrye.faulttolerance.core.rate.limit.RateLimit.apply(RateLimit.java:44)
        at io.smallrye.faulttolerance.FaultToleranceInterceptor.syncFlow(FaultToleranceInterceptor.java:255)
        at io.smallrye.faulttolerance.FaultToleranceInterceptor.intercept(FaultToleranceInterceptor.java:182)
        at io.smallrye.faulttolerance.FaultToleranceInterceptor_Bean.intercept(Unknown Source)
        at io.quarkus.arc.impl.InterceptorInvocation.invoke(InterceptorInvocation.java:42)
        at io.quarkus.arc.impl.AroundInvokeInvocationContext.perform(AroundInvokeInvocationContext.java:30)
        at io.quarkus.arc.impl.InvocationContexts.performAroundInvoke(InvocationContexts.java:27)
        at org.acme.microprofile.faulttolerance.CoffeeResource_Subclass.coffees(Unknown Source)
        at org.acme.microprofile.faulttolerance.CoffeeResource$quarkusrestinvoker$coffees_73d7590ab944adfa130e4ad57c30282f825b2d18.invoke(Unknown Source)
        at org.jboss.resteasy.reactive.server.handlers.InvocationHandler.handle(InvocationHandler.java:29)
        at io.quarkus.resteasy.reactive.server.runtime.QuarkusResteasyReactiveRequestContext.invokeHandler(QuarkusResteasyReactiveRequestContext.java:141)
        at org.jboss.resteasy.reactive.common.core.AbstractResteasyReactiveContext.run(AbstractResteasyReactiveContext.java:147)
        at io.quarkus.vertx.core.runtime.VertxCoreRecorder$14.runWith(VertxCoreRecorder.java:599)
        at org.jboss.threads.EnhancedQueueExecutor$Task.doRunWith(EnhancedQueueExecutor.java:2516)
        at org.jboss.threads.EnhancedQueueExecutor$Task.run(EnhancedQueueExecutor.java:2495)
        at org.jboss.threads.EnhancedQueueExecutor$ThreadBody.run(EnhancedQueueExecutor.java:1521)
        at org.jboss.threads.DelegatingRunnable.run(DelegatingRunnable.java:11)
        at org.jboss.threads.ThreadLocalResettingRunnable.run(ThreadLocalResettingRunnable.java:11)
        at io.netty.util.concurrent.FastThreadLocalRunnable.run(FastThreadLocalRunnable.java:30)
        at java.base/java.lang.Thread.run(Thread.java:1583)

If @Fallback is used with @RateLimit, the fallback method or handler may be invoked if a RateLimitException is thrown, depending on the fallback configuration.

If @Retry is used with @RateLimit, each retry attempt is processed by the rate limit as an independent invocation. If RateLimitException is thrown, the execution may be retried, depending on how the retry is configured.

If @CircuitBreaker is used with @RateLimit, the circuit breaker is checked before enforcing the rate limit. If rate limiting results in RateLimitException, this may be counted as a failure, depending on how the circuit breaker is configured.

ランタイム設定

application.properties ファイルの中で、実行時にアノテーションパラメータをオーバーライドすることができます。

先ほどのリトライの例で言えば :

package org.acme;

import org.eclipse.microprofile.faulttolerance.Retry;
...

public class CoffeeResource {
    ...
    @GET
    @Retry(maxRetries = 4)
    public List<Coffee> coffees() {
        ...
    }
    ...
}

以下の設定項目により、 maxRetries パラメータをオーバーライドして、リトライ回数を4回から6回に変更することができます。 :

org.acme.CoffeeResource/coffees/Retry/maxRetries=6
フォーマットは fully-qualified-class-name/method-name/annotation-name/property-name=value です。また、 annotation-name/property-name=value を通じて、すべてのアノテーションに対するプロパティを設定することもできます。

まとめ

SmallRye Fault Toleranceは、ビジネスロジックの複雑さに影響を与えることなく、アプリケーションの耐障害性を向上させます。

Quarkusのフォールトトレランス機能を有効にするために必要なのは次の通りです。 :

  • quarkus-maven-pluginsmallrye-fault-tolerance Quarkus エクステンションをプロジェクトに追加することです :

    コマンドラインインタフェース
    quarkus extension add smallrye-fault-tolerance
    Maven
    ./mvnw quarkus:add-extension -Dextensions='smallrye-fault-tolerance'
    Gradle
    ./gradlew addExtension --extensions='smallrye-fault-tolerance'
  • または、以下のMavenの依存関係を単純に追加することもできます。 :

    pom.xml
    <dependency>
        <groupId>io.quarkus</groupId>
        <artifactId>quarkus-smallrye-fault-tolerance</artifactId>
    </dependency>
    build.gradle
    implementation("io.quarkus:quarkus-smallrye-fault-tolerance")

追加リソース

SmallRye Fault Tolerance has more features than shown here. Please check the SmallRye Fault Tolerance documentation to learn about them.

Quarkusでは、SmallRye Fault Toleranceのオプション機能をすぐに使用することができます。

Mutinyがサポートされているので、非同期のメソッドは CompletionStage だけでなく Uni を返すことができます。

MicroProfile Context PropagationはFault Toleranceと統合されているので、既存のコンテキストは自動的に非同期メソッドに伝搬されます。

これは CDI リクエストコンテキストにも当てはまります。もしオリジナルのスレッドでアクティブであれば、新しいスレッドに伝搬されますが、もしそうでなければ、新しいスレッドはそれを持ちません。 これは MicroProfile Fault Tolerance 仕様に反しており、 @Asynchronous メソッド呼び出しの間はリクエストコンテキストがアクティブでなければならないとされています。

MicroProfile Context Propagationがある場合、この要件は適用されるべきではないと考えています。コンテキスト伝搬の主な目的は、新しいスレッドが元のスレッドと同じコンテキストを持っていることを確認することにあります。

非互換モードはデフォルトで有効になっています。 これは、 CompletionStage (または Uni ) を返すメソッドには、 @Asynchronous@AsynchronousNonBlocking@Blocking@NonBlocking のアノテーションがなくても、非同期フォールトトレランスが適用されることを意味します。 また、サーキット・ブレーカー、フォールバック、リトライは、例外そのものが何が起こるべきかを決定するのに不十分な場合、例外の原因チェーンを自動的に検査することを意味します。

このモードは、非互換性は非常に小さいものの、MicroProfile Fault Tolerance仕様と互換性がありません。 完全な互換性を回復するには、このコンフィギュレーションプロパティを追加してください。 :

smallrye.faulttolerance.mp-compatibility=true

The programmatic API is present, including Mutiny support, and integrated with the declarative, annotation-based API. You can use the FaultTolerance and MutinyFaultTolerance APIs out of the box.

Kotlinのサポートがあるため(Kotlin用のQuarkusエクステンションを使用することが前提)、フォールトトレランスのアノテーションで suspend 関数を保護することができます。

メトリクスは自動的に検出され、統合されます。 アプリケーションでQuarkus Extension for Micrometerを使用している場合、SmallRye Fault ToleranceからMicrometerにメトリクスが送信されます。 アプリケーションがSmallRye Metrics用のQuarkusエクステンションを使用している場合、SmallRye Fault ToleranceはMicroProfile Metricsにメトリクスを送信します。 そうでない場合は、SmallRye Fault Toleranceのメトリクスは無効になります。