The English version of quarkus.io is the official project site. Translated sites are community supported on a best-effort basis.

プロジェクトをQuarkusの最新バージョンに更新

Quarkus プロジェクトを最新バージョンの {プロジェクト名} に更新またはアップグレードするには、updateコマンドを使用します。

updateコマンドは主にOpenRewriteのレシピを使い、プロジェクトの依存関係、ソースコード、ドキュメントの更新を自動化します。 これらのレシピは多くのマイグレーション項目を更新しますが、 Migration Guides に詳しく書かれているすべての項目をカバーしているわけではありません。

更新後、期待された更新がない場合は、以下の理由を検討して下さい:

  • レシピには、あなたのプロジェクトの特定のアイテムが含まれていないかもしれません。

  • Quarkus の最新バージョンと互換性のないエクステンションを使用している可能性があります。

Hibernate ORM または Hibernate Reactive を使用するプロジェクトについては、 Hibernate ORM 5 から 6 への移行 クイックリファレンスを参照してください。 以下の更新コマンドは、このガイドのサブセットのみをカバーしています。

前提条件

このガイドを完成させるには、以下が必要です:

  • ざっと 30 minutes

  • IDE

  • JDK 17+がインストールされ、 JAVA_HOME が適切に設定されていること

  • Apache Maven 3.9.6

  • 使用したい場合は、 Quarkus CLI

  • ネイティブ実行可能ファイルをビルドしたい場合、MandrelまたはGraalVM(あるいはネイティブなコンテナビルドを使用する場合はDocker)をインストールし、 適切に設定していること

  • Quarkus バージョン2.13以降に基づくプロジェクト。

手順

  1. バージョン管理システムを使って、プロジェクトの作業ブランチを作成します。

  2. 次のステップでQuarkus CLIを使用するには、 Quarkus CLIの最新バージョンをインストール します。 quarkus -v を使用してバージョン番号を確認します。

  3. プロジェクト・ディレクトリに移動し、プロジェクトを最新のストリームに更新します:

    Quarkus CLIの使用
    quarkus update

    オプション:特定のストリームを指定するには、 --stream オプションを使用します。例: --stream=3.2

    Maven の使用
    ./mvnw io.quarkus.platform:quarkus-maven-plugin:3.10.1:update -N

    オプション:特定のストリームを指定するには、 -Dstream オプションを使用します。例: -Dstream=3.2

  4. 潜在的な指示について更新コマンドの出力を分析し、必要に応じて提案されたタスクを実行します。

  5. diffツールを使って、すべての変更を検査します。

  6. updateコマンドで更新されなかった項目については Migration Guides を確認してください。プロジェクトにそのような項目がある場合は、これらのトピックでアドバイスされている追加手順を実行してください。

  7. 実稼働環境にデプロイする前に、プロジェクトがエラーなくビルドされ、すべてのテストがパスし、アプリケーションが要求どおりに機能することを確認してください。

関連コンテンツ