The English version of quarkus.io is the official project site. Translated sites are community supported on a best-effort basis.

release

Tagged posts: 'release'

Quarkus 2.12.3.Final released

Quarkus 2.12.3.Final is the third maintenance release of our 2.12 release train.

Quarkus 2.12.2.Final released

Quarkus 2.12.2.Final is the second maintenance release of our 2.12 release train.

Quarkus 2.12.1.Final fixes a performance regression introduced in Quarkus 2.12.0.Final.

本日、GraalVM/Mandrel 22.2、Kotlin 1.7などを搭載したQuarkus 2.12.0.Finalをリリースしました。

Quarkusコミュニティは、quarkus.ioのウェブサイトを多言語でローカライズしています。

Quarkus 2.11.3.Final fixes several issues including CVE-2022-2466.

Quarkus 2.11.2.Final fixes several issues but still does not completely fix CVE-2022-2466.

CVE-2022-2466を修正したQuarkus 2.11.1.Finalと2.10.4.Finalがリリースされました。また、Quarkus 2.11.1.Finalでは、新しいRedisクライアントAPIと、一部のエクステンションに対するカスタマイズ機能が追加されました。

2.10.3.FinalではCVE-2022-2466が修正されており、Quarkus 2.10.xでGraphQLサービスを公開している場合はアップグレードが必須です。

2.10.2.Final is the second maintenance release for our 2.10 release train.

2.10.1.Final is the first maintenance release for our 2.10 release train.

Loomの仮想スレッドの探索的な作業を開始し、多くのエクステンションを改良したQuarkus 2.10.0.Finalをリリースしました。

2.9.2.Final は、2.9 リリーストレインの 2 番目のメンテナンスリリースです。

2.9.1.Final は、2.9 リリーストレインの最初のメンテナンスリリースです。

Quarkus 2.9.0.Finalをリリースし、新しいWebAuthnエクステンションなど、エキサイティングな新機能を追加しました。

2.8.3.Final は、2.8 リリーストレインの 3 回目のメンテナンスリリースです。

2.8.2.Final は、2.8 リリーストレインの 2 回目のメンテナンスリリースです。

2.8.1.Final は、2.8 リリーストレインの最初のメンテナンスリリースです。

Quarkus 2.8.0.Final は、RESTEasy ReactiveをデフォルトのRESTレイヤーにしました。また、GraalVM 22.0にアップグレードし、さらに多くの改良を加えています。

2.7.5.Final は、2.7 リリーストレインの 5 回目のメンテナンスリリースです。

2.7.4.Final は、2.7 リリーストレインの 4 回目のメンテナンスリリースです。

2.7.3.Final は、2.7 リリーストレインの 3回目のメンテナンスリリースです。

2.7.2.Final は、2.7 リリーストレインの 2回目のメンテナンスリリースです。

2.7.1.Final は、2.7 リリーストレインの最初のメンテナンスリリースです。

Quarkus 2.7.0.Finalには、さらに改良されたQuarkus CLI、開発モード用のインタラクティブターミナル、SmallRye Stork 1.0.0、Oracle Reactive SQL Clientエクステンション、その他多くのものが搭載されています。

2.6.3.Final は、2.6 リリーストレインの 3 回目のメンテナンスリリースです。

2.6.2.Finalは、2.6リリーストレインのメンテナンスリリースです。Kogitoが戻ってきました。

2.6.1.Finalは、2.6リリーストレインの最初のメンテナンスリリースであり、今年最後のQuarkusリリースとなります。

Quarkus 2.6.0.Finalには、SmallRye Reactive Messaging 3.13とKafka 3、キャッシングのためのプログラムAPI、AWTエクステンション、Kotlin 1.6のサポート、Camel 3.14など多数が含まれています。

2.5.4.Finalは、2.5リリーストレインのメンテナンスリリースです。

Quarkus 2.5.3.Finalは、バグ修正とドキュメントの改善を含む、Quarkus 2.5リリーストレインのメンテナンスリリースです。

2.5.2.Finalは、2.5リリーストレインのメンテナンスリリースです。

2.5.1.Finalは、2.5リリーストレインのメンテナンスリリースです。

Quarkus 2.5.0.Final は GraalVM/Mandrel 21.3 を推奨し、多くのエクステンションで使い勝手が改善されています。

2.4.2.Final は、2.4 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

2.4.1.Final は、2.4 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

2.3.1.Final は、2.3 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

Quarkus 2.3は、新機能と、全体的に多くの改良と改善が含まれています。

2.2.3.Finalは、2.2リリーストレインのメンテナンスリリースです。

2.2.2.Finalは、2.2リリーストレインのメンテナンスリリースです。

2.2は初のハードニングリリースで、開発サイクル全体を問題の修正、使い勝手やドキュメントの改善、全体的な磨き上げに専念しました。

2.1.4.Final は、2.1 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

2.1.3.Final は、2.1 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

2.1.2.Final は、2.1 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

2.1.1.Final は、2.1 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

Quarkus 2.1.0.Finalで利用可能なプラットフォームモデルとサポートツールにより、Quarkusのエクステンションエコシステムを簡単に発見し、利用することができます。

2.0の上に、2.1は多くの改良と改善が至る所に含まれています。

2.0.3.Final は、2.0 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

2.0.2.Final は、2.0 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

2.0.1.Final は、2.0 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

待ってました!ついに登場です。Quarkus 2.0.0.Finalは、すべての機能を備えています。

1.13.7.Final は、1.13 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

今回のCRでは、さらにいくつかの問題を修正しました。最終版は6月末になります。

2.0.0.Finalリリース前の最終地点。

1.13.6.Final は、1.13 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

1.13.5.Final は、1.13 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

Quarkus 2.0への道筋は、引き続き進展しています。

1.13.4.Final は、1.13 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

コミュニティからのフィードバックにより、この新しいAlpha版では、特に継続的テストのための多くのバグ修正と改善が行われています。

1.13.3.Final は、1.13 リリーストレインのメンテナンスリリースです。

この最初のアルファ版リリースで、新しいメジャーであるQuarkus 2.0に最終的につながる旅が始まりました。

1.13.2.Final では、Oracle JDBC ドライバーのエクステンションを導入し、バグを修正しました。

1.13.1.Final では、問題が修正され、ドキュメントが改善されています。

Quarkus 1.13では、新機能が追加され、開発および導入がさらに簡単になりました。

1.12.2.Final では、問題が修正され、ドキュメントが改善されています。

1.12.1.Final では、問題が修正され、ドキュメントが改善されています。

リリースされたばかりのQuarkus 1.12.0.Finalでは、アプリケーションはデフォルトでfast-jarとしてパッケージ化されるようになりました。

1.11.3.Finalでは主に、ネイティブ実行可能ファイルでRESTEasyと組み合わせてOpenTracingを使用する際のリグレッションを修正しました。

1.11.2.Final では、問題が修正され、ドキュメントが改善されています。

1.11.1.Final では、問題が修正され、ドキュメントが改善されています。

Quarkus 1.11がリリースされました。RESTEasy Reactive、Dev UI、Micrometerの強化、jbangのdev modeサポート、Spring Data RESTが搭載されています。

1.10.5.Finalでは、Quarkus 1.10のいくつかの重要な問題が修正されました。

1.10.3.Final では、問題が修正され、ドキュメントが改善されています。

Quarkus 1.10がリリースされました。JSONがRESTリソースのデフォルトのコンテンツタイプになり、複数のリアクティブデータソースがサポートされ、Micrometerエクステンションにいくつかのレジストリーが追加されました。

1.9.2.Final では、問題が修正され、ドキュメントが改善されています。

1.9.1.Final では、問題が修正され、ドキュメントが改善されています。

Quarkus 1.9 has been released with lots of improvements on top of existing features.

1.8.3.Final downgrades slf4j-jboss-logging to fix a regression.

1.8.2.Final fixes some bugs and includes some documentation improvements.

1.8.1.Final fixes some regressions and bugs and introduces the RESTEasy Multipart extension.

Quarkus 1.8 has been released with multiple persistence units support, a Micrometer extension, jbang integration and an update to GraalVM 20.2.

1.7.3.Final fixes some regressions and bugs.

1.7.2.Final fixes some regressions and bugs.

1.7.1.Final fixes some regressions and bugs.

Quarkus 1.7 has been released with new extensions for Elasticsearch and Redis clients. It also brings significant improvements to Reactive routes and the Funqy serverless framework.

1.6.1.Final fixes some regressions and bugs and also got some documentation improvements.

Quarkus 1.6 has been released with AppCDS support, extensions for Google Cloud Functions, Reactive Db2 and Cassandra clients and has been upgraded to GraalVM 20.1.0.

1.5.2.Final fixes some regressions and bugs.

1.5.1.Final fixes some regressions and bugs.

Quarkus 1.5 adds support for Picocli, gRPC, GraphQL and introduces more Amazon Services extensions. It also includes a new fast-jar packaging format.

1.4.2.Final fixes some regressions and bugs.

Quarkus 1.4 brings command mode, HTTP 2 support, a new FaaS framework called Funqy, new mocking features and much more.

1.3.2.Final fixes some regressions with the Hibernate ORM extension and bugs related to the container image extensions.

1.3.1.Final fixes some issues and bring some documentation improvements. Generated projects are now using Java 11 by default.

Quarkus 1.3.0.Final comes with a new class loader infrastructure, GraalVM 20 support, 8 new extensions and a lot of bugfixes and improvements.

1.2.1.Final fixes several issues in Quarkus and the documentation.

GraalVM 19.3.1 support, Metrics, a brand new Cache extension, Vault Transit Secret engine, Quarkus 1.2.0.Final is here packed with new features.

1.1.1.Final fixes several issues mostly in our Kotlin and Gradle support.

Template engine, YAML configuration, Gradle improvements... learn more about what we have baked for you in 1.1.

1.0.1.Final fixes an important security issue. Upgrade highly recommended.

After two release candidates, we are happy to announce that Quarkus 1.0.0.Final has been released.

We just released Quarkus 1.0.0.CR2 which is our last candidate release before Final. We plan to release Final on Monday 25th.

0.28.1 is a bugfix release. We also made some changes to the guides and quickstarts URLs.

More Amazon Lambda features, move to Jakarta, usability fixes, go find out what we baked for you.

Quarkus 0.26.1 comes with bugfixes and doc improvements. It also adds an extension for Vault support.

We continue on our journey to rewrite the security layer.

0.24.0 relies on Eclipse Vert.x to serve your REST requests and introduces a new security layer.

0.23.2 fixes the memory usage increase observed in 0.23.

0.23.1 had a regression, please use 0.23.2.

Quarkus 0.22.0 released

We just released Quarkus 0.22.0 with improved Spring API support.

Quarkus 0.21.2 released

We just released Quarkus 0.21.2 fixing several bugs and usability issues. Time to upgrade.

Quarkus 0.21.1 released

We just released Quarkus 0.21.1. As for 0.20.0, to build native executables, you will need GraalVM 19.1.1. 変更点 This release is mostly about fixing bugs and usability issues. The Kafka Streams and Apache Tika extensions got their usability greatly improved for instance. You can find the full changelog of 0.21.0 and the few additional issues we fixed in 0.21.1 on GitHub. We have a lot of interesting things in the works so stay tuned for...

Quarkus 0.20.0 released

We just released Quarkus 0.20.0. If you use Quarkus with GraalVM to build native executables, Quarkus 0.20.0 now requires GraalVM 19.1.1 so please upgrade your GraalVM installation. 変更点 Here are the main highlights of this release: Jackson extensions, OAuth2 extension, Camel extensions moved outside the Quarkus tree, a new MicroProfile REST Client implementation, Syslog support and a new guide for Azure deployments. Hibernate ORM multi-line support in import scripts We enabled multi-line support for the...

Quarkus 0.19.1 released

We just released Quarkus 0.19.1. This new version brings a lot of new extensions, especially in the persistence area. Quarkus 0.19.1 is still targeting GraalVM 19.0.2 as we discovered a bug in GraalVM 19.1.0 that affects Quarkus. The issue is already fixed but we are waiting for a 19.1.1 release. 変更点 Here are the main highlights of this release: MongoDB support, Neo4J support, Amazon DynamoDB support, Apache Tika support, Reactive Messaging MQTT support and better...

Quarkus 0.18.0 released

Quarkus 0.18.0 was just released and is now available on Maven Central. We usually release Quarkus every two weeks and it has just been a week since our last release so why release 0.18.0 so soon? Well, we have some good news to share: Quarkus now supports GraalVM 19 (requires it, even) and we wanted to put this version in your hands as quickly as possible. 変更点 Here are the main highlights of this release....