Quarkusとは何か?

"Supersonic Subatomic Java"とはどういう意味ですか。

Quarkusとは何か?

従来のJavaスタックは、クラウド、コンテナ、Kubernetesが存在しない世界で、長い起動時間と大きなメモリを必要とするモノリシックなアプリケーション用に設計されていました。Javaフレームワークは、この新しい世界のニーズに合わせて進化する必要がありました。

Quarkusは、Java開発者がモダンでクラウドネイティブな世界のためのアプリケーションを作成できるようにするために作られました。Quarkusは、GraalVMとHotSpot向けに調整されたKubernetesネイティブなJavaフレームワークで、最高のJavaライブラリと標準仕様を用いて作られています。その目的は、JavaをKubernetesやサーバーレス環境における主要なプラットフォームにするとともに、開発者に幅広い分散型アプリケーションアーキテクチャに対応するフレームワークを提供することにあります。

完全に、完璧にオープンソース

Quarkusは、Apache License version 2.0の下でライセンスされているオープンソースプロジェクトです。何よりもまず、貢献、アイデア、議論がオープンに行われ、コントリビューターが歓迎されるオープンコミュニティです。力を合わせて、Javaアプリケーションの未来を築いていきましょう。

Quarkusの特徴は何ですか?

開発者満足

開発者は、ほぼすべての組織の成功に欠かせない存在であり、クラウドネイティブアプリケーションを迅速かつ効率的に構築するためのツールを必要としています。Quarkusは、ツール、ライブラリ、エクステンションなどの組み合わせにより、フリクションレスな開発環境を提供します。Quarkusでは、開発モード中にインナーループの開発サイクルを改善するツールを使用して、開発者の効率を高めています。
開発者満足について詳しく知る

Kubernetes-native

QuarkusはKubernetesのためにゼロから構築されており、Kubernetesプラットフォームの複雑さをすべて理解することなく、アプリケーションを簡単に展開できます。Quarkusでは、開発者がYAMLファイルを手動で作成することなく、コンテナイメージのビルドやデプロイなどを含むKubernetesリソースの生成を自動的にできます。
Kubernetes-nativeについて詳しく知る

各分野における最高のライブラリと標準

Quarkusは、ユーザーが愛用している何百もの各分野における最高のライブラリを活用することで、まとまりのある、楽しく使えるフルスタックフレームワークを提供しています。すべては、標準的なバックボーン上で構成されています。
標準について詳しく知る

命令型コードとリアクティブ型コード

Quarkusは、アプリケーションを開発する際に、慣れ親しんだ命令型スタイルのコードと、ノンブロッキングでリアクティブ型のスタイルをシームレスに組み合わせることができるように設計されています。

これは、命令型モデルでの作業に慣れていて物事を変えたくないJava開発者と、クラウドネイティブ/リアクティブなアプローチで作業する開発者の両方に役立ちます。Quarkusの開発モデルは、開発しているどんなアプリにも適応できます。
リアクティブについて詳しく知る