標準仕様

Let’s go to the quark of things.

Quarkusでは、新しい技術の習得に何時間も費やす必要はありません。その代わり、Quarkusのプログラミングモデルは、実績のある標準仕様の上に構築されています。それは、Eclipse MicroProfileのような公式の標準であったり、Eclipse Vert.xのような特定の領域における主要なフレームワークであったりします。

我々の依存性注入ソリューションは、CDIに基づいています。RESTエンドポイントを定義するためにJAX-RSアノテーションを使用することができます。JPAアノテーションを使用して永続エンティティをマッピングし、JTAアノテーションを使用してトランザクション境界を宣言することができます。Eclipse MicroProfileを使用して、アプリケーションの設定と監視を行うことができます。また、Vert.x、Apache Camelを使用することができ、さらに多くの機能をサポートしています。

標準仕様に縛られていないので、超えて可能性を広げることができます。もちろん、Quarkusは受動的な消費者ではありません。Quarkusの目標は、使用しているテクノロジーを改善して革新し、信頼しているオープンソースプロジェクトや標準仕様に貢献することです。