The English version of quarkus.io is the official project site. Translated sites are community supported on a best-effort basis.

SUPERSONIC/
SUBATOMIC/
JAVA

各分野最高のライブラリと標準で構成された、GraalVMとHotSpot向けに最適化されたKubernetesネイティブJavaスタック

Now Available

Quarkus 2.14.2

リリースノート

Quarkusの特徴

コンテナ・ファースト

Quarkusはお客様のアプリケーションをGraalVMとHotSpot用にカスタマイズします。驚くほど速い起動時間、信じられないほど低いRSSメモリ(ヒープサイズだけではありません!)は、Kubernetesのようなコンテナオーケストレーションプラットフォームにおいて、ほぼ瞬時にスケールアップし、高密度のメモリ利用を提供します。私たちはコンパイルタイムブートと呼ばれる技術を使用しています。

命令型とリアクティブ型の統一

慣れ親しんだ命令型のコードとリアクティブなスタイルの両方を組み合わせて、アプリケーションを開発することができます。

コミュニティと標準仕様

Quarkusは50を超えて拡大している各分野における最高のライブラリを活用することで、良くまとまった、使って楽しいフルスタックフレームワークを提供します。全て、標準のバックボーンに接続されています。

Kube-Native

QuarkusとKubernetesの組み合わせは、スケーラブルで高速、かつ軽量なアプリケーションを作成するための理想的な環境を提供します。Quarkusは、ツール、事前に構築された統合、アプリケーションサービスなどにより、開発者の生産性を大幅に向上させます。

開発者満足

統一された設定と手間のかからないネイティブ実行可能ファイル生成により、開発者満足を最適化するための一貫したプラットフォームです。ゼロコンフィグ、瞬く間のライブリロード、80%の一般的な用途には合理的なコード、20%の用途には柔軟なコード。

The live coding fast feedback loop was very useful when developing with Quarkus. Although fast startup was nice, it wasn’t critical since our apps are long-running, but during development, as we tweaked our APIs, being able to immediately re-test saved us a ton of development time.

- Lead Developer on the Adoptium Technical Steering Committee

Quarkusは圧倒的なパフォーマンスを発揮します

Quarkus World Tour 2022

A virtual (and in person where possible) tour of Java User Groups creating a unique hands-on experience with access to Quarkus experts designed to help you get started with Java in a Kubernetes world.

Learn more about the Quarkus World Tour

最近のBlog投稿

Quarkus の AWS Lambda SnapStartサポート

November 28, 2022    Tags: announcement

Amazon Web Services(AWS)は、AWS LambdaのSnapStart機能を発表しました。SnapStartは、AWS Lambda上で動作するJavaベースの関数の起動レイテンシーを削減します。そして、Quarkusは初日からこれをサポートします!

Quarkus 2.14.2.Final and 2.13.5.Final released - Fix for CVE-2022-4116

November 28, 2022    Tags: release

Quarkus 2.14.2.Final and 2.13.5.Final fix CVE-2022-4116. Please upgrade.

Reactive CRUD Performance: A Case Study

November 23, 2022    Tags: performance

By carefully fixing and designing a performance test to ensure that only Quarkus is being stressed, throughput improves from 1.75 req/sec to nearly 26,000 req/sec

Quarkus コミュニティへの参加

問題の報告とPull Requestの送信プロセスの詳細については、GitHubをご覧下さい。

バグレポート、サンプルアプリケーション、フィーチャーリクエスト、ドキュメントの修正、フィードバック、全ての貢献が有益です。